かっこいいレストランウエディングを高崎で!

かっこいいレストランウエディングを高崎で!

 

ウエディングプロデューサーの平児玉博樹です。本日は群馬県高崎市の結婚式ができる場所で最も高い場所にあるレストラン「アートマルシェ・チームアルケッチァーノ」でのレストランウエディング(結婚式)を中心にいろいろと書いてみます。
結婚式場、ゲストハウス、レストラン、ホテル、etcと様々なシーンを演出していますが、皆さんが知りたいと思っている事の中で、まずゲスト満足度が高くなるポイントを5つ。
① 食事(結婚式メニュー)
結婚式でゲストを招待するということは、ご自宅に知人、友人、自分にとっての大切な人を招くのと同じ事です。まず料理にはこだわりをもって考えましょう。どんな方々が出席するかも含めてメニュー内容の相談をしてアミューズ(軽い一口料理)、前菜(はじめの一品でスッキリ・さっぱりで見た目がキレイな料理)、スープ(旬な食材で季節感をだしたり伝統的な調理法でつくる)、魚料理(普段では食べられない料理方法で見た目も鮮やかな料理)、お肉料理(メイン料理と言われるだけのことはあるとっても美味しい高級な料理)、デザート(シェフ渾身の一品で色使い重視)、ウエディングケーキ、パン、コーヒーと8品プラスウエディングケーキのスタイルが基本です。フランス料理に少しイタリアンテイストを足しスープの代わりにパスタ(やはり炭水化物は必要!という方に)を入れてコースにしたり、お米欲しいなんていう方にはリゾットやプチ手毬寿司なそを入れても喜ばれます。
ゲストはアレルギーや苦手なものがある人もいます、その方には事前に招待状やラインなどで確認してレストランのシェフに伝えておき対応してもらいましょう。自分の苦手なものが目の前に置かれることはやはり気分のいいものではなく、逆に言えば隣の方のお皿に見えた自分の苦手なものが自分のお皿にないと気づいた時に「ありがとう」と感謝する人が多いのです。

夜景ディナー
そこにプラス!肉の日の入れ方でしっかり焼いてほしい方や、食べやすいように食材をカットしてほしい方などを確認してこれもシェフにしっかり伝えて対応してもらうとより良いです。もしご自宅なら当たり前のことをするだけでゲストの満足度は高くなります。メニュー内容も食べやすいか香りが強いものがないかなどもしっかり確認しましょう。

IMG-2576
② おしゃれ感
ゲストが会場を見たときにこれおしゃれだと「わぁ〜」と声があがります。そこでどうすればそう見えるかですが、まず会場のコンセプトを何にするか決めることです。
ナチュラル!ゴージャス!コアテーマ!(夏、海、メガネ)などが代表的な例です。ナチュラルであれば木々をお花屋さんにいれてもらったり壁にグリーンの装飾したり人が感じる「木!緑!白!」を中心に決めていく。ボタニカルっぽくするのに苔をうまく活用したりくすんだ色の装花やユーカリを使うなどしてみるのみおしゃれですね。またメインのお席をソファーにして背景を森のようにしたり、個性的なカーテンのようなものを使ったり、パネルをかけたりすることもアイデアひとつで変わります。思い切ったことする場合には会場に装飾代金20万円くらい(会場によっては5万円から50万円)を支払って依頼するのも方法ですが、担当のウエディングプランナーにアドバイスもらいながら自分たちでやってみるのも楽しい思い出になるかも…←あまり無理すると嫌になってしまうので要注意です。

IMG-23071
またゴージャスが1番難しいですね、人の好みは十人十色!

まずキラキラ感を出さなければならないので多くの方はキャンドルや照明などアイテムが必要になります。

またテーブル上や使う家具やワインの飾り方なども含めて見た目ですごいと感じさせること、ゲストの反応でわかります。派手な色合い、豪華なものを並べる、別世界を作り出すなど様々ですがやりがいはあるコーディネイトです。
最近少しずつですがコアなテーマも今は増えています。眼鏡屋さんで仕事している2人が全員の方にダテ眼鏡、サングラスも含めてお持ちいただき眼鏡をかけた全員で写真撮影(忘れた方用にかわいいサングラスは必ず用意しておきます)やアパレル系の会社に勤務している2人がみんなオリジナルのティーシャツを作りましょうと無地のティーシャツにクレヨンで絵や文字を書いて作って途中で写真撮影(年配の人には仲の良い友人に頼んでおいてサポートしてもらう)など、これがテーマなの?みたいなものもゲストは喜んでくれることが多いです。

IMG-1861

③ ここならではの
いろんな会場がありますが、ここでしかできないことを探す=他会場では絶対できないことをする。高崎市役所最上階レストランアートマルシェの結婚式だからできる入籍セレモニーなどは、挙式をしてそのまま2人で直接エレベーターで婚姻届を提出してきます、なんて演出や2人はサインしたものを友人リレーで提出するなども意外性があって良いです。単純な案ですが展望フロアでの集合写真、高崎市の街並みをバックに記念撮影なども可能です。
④ あったかい結婚式
あったかいって何をすればなんて言う人も多いですが、ゲストの事を考えて小さなおもてなしの積み重ねが大切なんです。
代表的なのは席札に2人からのメッセージ(ロビーに全員の名前を書いてご自身で手紙を受け取ってもらうスタイルもいいですね)、暑い時は冷たいおしぼりの用意で寒い時はカイロの用意、お酒をたくさん飲んでもらいたい時はウコン系ドリンクを受付で配ってあげたり、髪の乱れ直しスプレーやあぶらとり紙、急なストッキングのでんせんのために予備を用意、考えればたくさんあります。こんなことが意外と評価されるし、喜んでもらえます。ゲストは2人が考えた小さなことを意外と見逃さないものです。
⑤ ビューティへのこだわり
自分自身を輝かせるのも大切なおもてなしです。自然と似合っている姿を見ると人は「わぁ〜」と自然の声がでます。自分が思っている似合っていると、人が思う似合うは違うことを学ぶチャンスでもあります。普段絶対に自分では選ばない色合いやデザインも当日はゲストを驚かせたり、楽しませたりする演出でもあるのです。髪型にもいろんなスタイルがあるのでなるべく自分の髪を切らずに伸ばしておくことやウィッグをつけるのであればウィッグと自分の髪色を合わせておくこと、かなり時間がかかるスタイルであればどのタイミングでその髪型にするなどをプロのスタイリストに相談し、ドレス・髪型・メイクをバランスよくすることはとても大切です。ドレスですから普段よりメイクはしっかり目にしなければならないし、目鼻立ちや顔の輪郭によって色使いや目の周りのポイントなどもより考えなければならないのでプロのアドバイス含めしっかりとヘアメイクリハーサルをしておくことが最重要だと思います。

view_image

はい、ここで深呼吸してください。
続いてはこれはしっかり打合せしましょうポイントを5つ。

① 試食
前にも書きましたが料理はすごく結婚式で大切なひとつです。事前に自分たちで確認をすることはもちろんですが、味の確認だけでなく出来ることを全て確認しましょう。個人的な料理の対応はできるか?アレルギー対応はどこまでできるか?焼き加減は調節してもらえるか?僕のプロデュースで担当した結婚式の目玉のひとつに当日パスタ料理をトマトソースか塩のソースで選べる演出をした際にゲストの喜びはすごかったのを覚えています。もうひとつプロデュースした例をあげますね、新婦さんのお婆さんが入院していて結婚式当日のみ一時退院して1時間のみ出席するということがありました。その時に考えたのはお婆さんセット(食べやすいものを5品を御膳に入れたもの)を提供することにして食べてもらいました。お婆さんは美味しそうに食べていて、その姿を1番喜んだのは新婦さんのお母さんで涙を流しなら「お婆さんのために、ありがとう」と新婦さんに伝えていました。おもてなしとはいろいろな方法がありますね。

② ヘアメイクリハーサル
ドレス選びの際に前全身・前腰から上・後ろ姿全身の3枚は必ず撮影しておきましょう。
自分でやりたい髪型も大切ですがセット時間も考慮してスタイリストさんと打合せしましょう、ドレスチェンジで髪型を大幅に変えるのであればそのスタイルにする前の髪型も大切ですよ。そのあたりも含めて相談しないと「新婦が会場に帰って来ないなぁ」なんてことに。リハーサルの時に言いたいことははっきり!違う時は違うと言わないとプロのスタイリストさんはこれが似合ってますよと言い切られてしまいますから。体格や輪郭にもよって似合うスタイルが違うので気をつけなければいけないのはあまり自分の意見を出しすぎないことです。
③ ドレス選び
女性の9割はこのドレス選びが楽しいと言います。
人は普段の生活と違う世界に憧れるというか、別世界では違う自分になれる気がするのではないでしょうか。ディズニーランドのような場所は代表的な例ですね。
まず知識として今のトレンドやどんなドレスがあるかを知って、そこから自分の好みとプロのアドバイスを組み合わせて写真に写った姿で家族や親友などの意見を取り入れて決めましょう。ウエディングプランナーさんやヘアメイクスタイリストさんにも意見を求めると「そうなんだ」というアドバイスもありますから、ぜひ聞いてください。
④ プログラム
まず失敗例は詰め込みすぎです。多くのパーティイベントでもそうですが、ずっと何かをやっていると会話ができない、食事ができないなどゲストからの不満の声があがります。ということは、バランスが大切なのです。
入場のシーンやりたくない人たくさんいます、そんな2人は入場のシーンはやらなくていいです。と言うように毎回プログラムも違います。カジュアルスマートを求める2人なら全員の乾杯でスタートをお勧めしているし、結婚式っぽくやりたくない人にはアメリカンスタイルを提案したり様々です。
ポイントは食事・会話・笑顔いっぱいをゲストと共に過ごすことが大切なのです。
※入場、主賓挨拶、乾杯、ケーキカット、ドレスチェンジ、テーブルラウンド、余興、花束贈呈、謝辞、退場のようなパーティプログラムは…ということです。

⑤ プログラム2(実例)
チャイルドコール:入場シーンで小さなお子様が「〇〇くん♡♡ちゃん結婚おめでと」とコールして2人入場。とってもかわいい声で会場全体もほっこりします。
フレンド乾杯リレー:乾杯の声と共に新郎さんが新郎友人1人と乾杯して次から次へ乾杯をリレーしていきラストは新婦友人から新婦さんへ、そしてメインの乾杯は新郎新婦!ジャーんという感じで盛り上がります。
どっちの夫婦?:新郎新婦がこの先亭主関白になるかかかあ天下になるかをゲスト全員でシールを貼って、発表する。意外と笑いがとれるのは新婦さんがかかあ天下になりそうな時です。
ケーキカットで感謝の手紙:多くのパーティでエンディングに行われる新婦から親御さんへ読む手紙を前半のケーキカットシーンのところでサプライズ演出、新婦の親御さんにはラストバイトやドレスチェンジのシーンでと前に来てもらい突然の手紙!まさかの演出にお母さんは100%号泣です。
まだまだいろいろありますが皆さんの要望があればどんどん書きますよ。

僕を直接指名していただける方は1年間に10組限定とさせて頂きます。生意気言って申し訳ありません。大手式場と違い丁寧に打合せすることはとても大切なことです。

ホテル、式場、レストラン、温泉旅館などアイデアひとつでとってもあったかい結婚式になります。ぜひ群馬県高崎市のウエディングプロデュースティープロダクトをよろしくお願いします。

県外プロデュース実績(※写真が権利の関係でお見せできません)
ハワイアンウエディング(ビーチウエディング)
沖縄無人ビーチ結婚式
埼玉県長瀞の河原で結婚式
北海道の大自然フォトウエディング

資料請求・ご見学してみませんか?


お名前 (必須)

ふりがな(必須)

電話番号 (必須)

郵便番号 (必須)

住所 (必須)

メールアドレス (必須)

ティープロダクトをどちらでお知りになりましたか?
 雑誌 インターネット 知人・友人 その他

お問い合わせ内容

Comments are closed.